Italian Restaurant Baser メインイメージ

MELJAPAN(マリン・エコラベル・ジャパン)とは

マリン・エコラベル・ジャパン

MELJAPAN(マリン・エコラベル・ジャパン)について

マリン・エコラベル・ジャパン(MELジャパン)は、水産資源と海にやさしい漁業を応援する制度として2007年12月に発足しました。
この制度は、資源と生態系の保護に積極的に取組んでいる漁業を認証し、その製品に水産エコラベルをつけるものです。
このラベルがつけてある水産物を消費者の皆様に選んでいただくことで、もっとしっかりと漁業を管理していこうとする漁業者を増やすことが狙いです。

>>マリン・エコラベル・ジャパン

目的と名称

水産資源の持続的利用や生態系の保全を図るための資源管理活動を積極的に行っている漁業者を支援し、消費者をはじめとする関係者の水産資源の持続的利用や海洋生態系保全活動への積極的参加を促進することを目的とした、新しいエコラベル制度をマリン・エコラベルといい、この制度の運営のため、マリン・エコラベル・ジャパンを設置。英語名称はMarine Eco-Label Japanとしました(略称:MELジャパン。以下「MELジャパン」という)。
この制度は、FAOが2005年3月ローマで採択したエコラベルのガイドラインの考え方に沿った制度にすることで、広く国際社会に受け入れられるように考えられています。
漁業生産及び漁業資源管理活動に独自の長い歴史を有する日本の漁業の実情を踏まえ、漁業者及び関係事業者のラベル取得にかかる経済的負担をできる限り抑制しつつ、日本の資源管理の特徴や優れた点を十分に反映した、合理的な制度を目指しています。